/

柔道の松本薫が引退発表 ロンドン五輪金、7日に会見

柔道女子57キロ級で2012年ロンドン五輪金メダルの松本薫(31)が4日、所属先のベネシードを通じて現役引退を発表した。7日に東京都内で記者会見を開く。

松本は昨年11月の講道館杯全日本体重別選手権で1回戦敗退。20年東京五輪代表入りが絶望的となり、第一線を退く意向を表明していた。

金沢市出身。石川・金沢学院東高(現金沢学院高)、帝京大と進んで実力をつけ、闘志あふれる柔道スタイルから「野獣」の異名で親しまれた。得意の足技や寝技を生かし、世界選手権は10年と15年に優勝を果たしている。

3位だった16年リオデジャネイロ五輪後に結婚。17年6月に第1子の長女を出産し「ママでも金メダル」と宣言して復帰したが、若手の台頭もあって力尽きた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン