/

観客入れる試合、7月10日解禁へ プロ野球とJリーグ

プロ野球とサッカーのJリーグが新型コロナウイルスの感染拡大に連携して対応するために設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第10回会議が22日、オンラインで開かれ、会議後の記者会見でプロ野球とJリーグはともに7月10日から観客を入れる方針を示した。

プロ野球の斉藤惇コミッショナーは「状況を十分勘案しなければいけないが、政府関係の方とも7月10日からお客さんを入れながらやっていくことは宣言してもいいとの言葉を頂いた」と述べた。22日午後の臨時12球団代表者会議で協議を進める。Jリーグもこれまでの方針通り、7月10日から観客を入れる考えを改めて示した。

プロ野球は当初の予定から約3カ月遅れて19日にセ、パ両リーグ公式戦が無観客で開幕。JリーグはJ2とJ3が27日、J1が7月4日から無観客で公式戦を実施する。

感染症の専門家チームの座長を務める東北医科薬科大の賀来満夫特任教授は、観客を入れた試合の開催について「対策をしっかりと行っていただくことで前向きに考えていく」と述べ、感染リスクを下げるための応援スタイルの変更などを提言した。

一方、東邦大の舘田一博教授は東京で21日まで4日連続で30人以上の感染者が出ていることを念頭に「7月10日は今の段階の予定。来週、再来週の感染者数を見ながら、やるべきではないというコンセンサスが得られたら、控えた方がいいのではという方向性も考えないといけない」とした。

政府の指針では段階的に人数を増やすことが容認され、7月10日からは最大で5千人か収容人員の50%が目安となっている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン