2019年3月20日(水)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

旭化成柔道部、新監督に吉田優也氏 中村兼三氏は総監督に

2019/1/7 12:18
保存
共有
印刷
その他

柔道の強豪、旭化成の新監督に2014年仁川アジア大会男子90キロ級覇者の吉田優也氏(29)が1月1日付でコーチから昇格したことが7日、分かった。13年から指揮を執ってきた1996年アトランタ五輪男子71キロ級金メダルの中村兼三氏(45)は監督から総監督となった。

東京都出身の吉田氏は東海大から旭化成に進み、全日本選抜体重別選手権を制するなど活躍した。中村氏は全日本柔道連盟の強化副委員長を兼任しており、20年東京五輪が迫る中で負担を軽減させる狙いがあるという。

旭化成柔道部は1948年に設立され、数々の五輪、世界選手権王者を輩出。現在は16年リオデジャネイロ五輪男子73キロ級金メダルの大野将平らが所属している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

「ゴジラジャパン」の発表記者会見で記念写真に納まる柔道日本男子の井上康生監督(中央)ら。右は女子の増地克之監督(19日午後、東京都内)=共同

 全日本柔道連盟は19日、日本代表の愛称を「ゴジラジャパン」とすると発表した。日本発祥の柔道の伝統や力強さなどのイメージが、今年で誕生65年を迎えて国際的な認知度もあるゴジラと共通点があると説明。ゴジ …続き (19日 20:02)

柔道GS大会から帰国し、取材に応じる永瀬貴規(19日、成田空港)=共同

 柔道のグランドスラム(GS)エカテリンブルク(ロシア)大会に出場した日本代表が19日、成田空港に帰国し、2016年リオデジャネイロ五輪男子81キロ級銅メダルの永瀬貴規(旭化成)は2位に終わり「(決勝 …続き (19日 10:45)

9回、田口良一(左)を攻める田中恒成(16日、岐阜メモリアルセンター)=共同

 12回、一発逆転をかけて挑んでくる田口に対して最後まで一歩も引かず激しく打ち合い、打ち勝った。元ライトフライ級統一王者を相手に6~10ポイント差をつけての完勝。23歳の王者は「一つの試合としては、年 …続き (16日 22:20)

ハイライト・スポーツ

[PR]