その他スポーツ

日本男子、5000リレーで2位 ショートトラックW杯

2019/2/11 23:31
保存
共有
印刷
その他

スピードスケート・ショートトラックのワールドカップ(W杯)最終戦は10日、トリノで行われ、男子5000メートルリレー決勝で菊池耕太(恵仁会)渡辺啓太(阪南大職)横山大希(トヨタ自動車)吉永一貴(中京大)の日本がロシアに次ぐ2位に入った。第4戦に続く2位で、同種目のシーズン総合3位となった。

女子3000メートルリレーで5、6位決定戦に回った日本は平井亜実(中京大)菊池萌水(KHネオケム)菊池純礼(トヨタ自動車)菊池悠希(ANA)で臨み、カザフスタンを抑えて5位だった。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドルー・パーソンズ会長は8日、テレビ電話形式のインタビューに応じ、新型コロナウイルスの感染拡大で来年への延期が決まった東京大会の新日程について会場を変更せず、 …続き (8日 23:31)

 【ジュネーブ=共同】世界陸連は8日、新型コロナウイルスの感染拡大で、東京五輪が来夏に1年延期になったことを受け、2021年8月6~15日に開催を予定していた世界選手権(米オレゴン州ユージン)を、22 …続き (8日 23:30)

緊急事態宣言を受け、利用停止となった味の素ナショナルトレーニングセンター=共同

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言の余波は、五輪・パラリンピックの中枢拠点にまで及んだ。日本スポーツ振興センター(JSC)は8日、トップ選手の強化拠点である味の素ナショナルトレーニ …続き (8日 20:59)

ハイライト・スポーツ

[PR]