2019年6月19日(水)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

右膝負傷の貴景勝、再び休場 大関では異例の事態

2019/5/20 11:48
保存
共有
印刷
その他

大相撲夏場所を右膝負傷で途中休場し、8日目の19日に再出場したばかりの東大関貴景勝(22)=本名佐藤貴信、兵庫県出身、千賀ノ浦部屋=が9日目の20日、日本相撲協会に「右膝内側側副靱帯損傷、右膝骨挫傷にて、約3週間の治療期間を要する見込み」との診断書を提出し、再び休場した。

大関貴景勝の再休場について取材に応じる千賀ノ浦親方(20日、東京都台東区)=共同

大関貴景勝の再休場について取材に応じる千賀ノ浦親方(20日、東京都台東区)=共同

大関による1場所2度の休場は1956年秋場所の若ノ花(後の横綱初代若乃花)以来2人目(不戦勝制度確立の28年3月場所以降)と極めて異例の事態。横綱では2003年初場所で再出場しながら引退した貴乃花が不戦敗2度を記録した。

貴景勝は8日目まで3勝3敗2休。このまま休み続けて負け越せば、昇進2場所目となる7月の名古屋場所をかど番で迎える。

新大関の貴景勝は4日目に小結御嶽海に勝った一番で負傷。「右膝関節内側側副靱帯損傷にて、今後約3週間の加療を要する見込み」との診断を受け、5日目から休場した。治療で症状が回復したとして再出場したが、8日目は小結碧山にはたき込みで敗れた。9日目に対戦が組まれていた関脇栃ノ心は不戦勝。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

昇進披露宴で横綱白鵬(右端)、鶴竜(右から3人目)らと鏡開きをする大関貴景勝=同2人目(16日午後、東京都港区)=共同

 大相撲の大関貴景勝の昇進披露宴が16日、東京都内のホテルで開かれ、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)や白鵬、鶴竜の両横綱ら約2千人が出席した。

 22歳の貴景勝は新大関で臨んだ夏場所で右膝を負傷 …続き (16日 16:55)

稽古を再開した大関貴景勝(12日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋)=共同

 右膝負傷のため大相撲夏場所を途中休場した大関貴景勝(22)が12日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋で稽古を再開した。初のかど番となる名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)に向け「一生懸命やって …続き (12日 20:46)

鳴戸部屋の部屋開きで、土俵祭りを見守る鳴戸親方(奥前列の右から3人目)ら(8日、東京都墨田区の鳴戸部屋)=共同

 大相撲の鳴戸部屋の部屋開きが8日、東京都墨田区で行われ、同じ二所ノ関一門の尾車(元大関琴風)、芝田山(元横綱大乃国)両理事らが出席した。土俵祭りの後には大関高安ら一門の関取衆が稽古し、新たな門出を祝 …続き (8日 20:13)

ハイライト・スポーツ

[PR]