2019年6月26日(水)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

右膝負傷の貴景勝、再び休場 大関では異例の事態

2019/5/20 11:48
保存
共有
印刷
その他

大相撲夏場所を右膝負傷で途中休場し、8日目の19日に再出場したばかりの東大関貴景勝(22)=本名佐藤貴信、兵庫県出身、千賀ノ浦部屋=が9日目の20日、日本相撲協会に「右膝内側側副靱帯損傷、右膝骨挫傷にて、約3週間の治療期間を要する見込み」との診断書を提出し、再び休場した。

大関貴景勝の再休場について取材に応じる千賀ノ浦親方(20日、東京都台東区)=共同

大関貴景勝の再休場について取材に応じる千賀ノ浦親方(20日、東京都台東区)=共同

大関による1場所2度の休場は1956年秋場所の若ノ花(後の横綱初代若乃花)以来2人目(不戦勝制度確立の28年3月場所以降)と極めて異例の事態。横綱では2003年初場所で再出場しながら引退した貴乃花が不戦敗2度を記録した。

貴景勝は8日目まで3勝3敗2休。このまま休み続けて負け越せば、昇進2場所目となる7月の名古屋場所をかど番で迎える。

新大関の貴景勝は4日目に小結御嶽海に勝った一番で負傷。「右膝関節内側側副靱帯損傷にて、今後約3週間の加療を要する見込み」との診断を受け、5日目から休場した。治療で症状が回復したとして再出場したが、8日目は小結碧山にはたき込みで敗れた。9日目に対戦が組まれていた関脇栃ノ心は不戦勝。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

明るい表情でトレーニングする白鵬(25日、愛知県豊田市)=共同

 右上腕負傷で夏場所を全休した横綱白鵬は25日、愛知県豊田市の宮城野部屋で四股やダンベルを使ったトレーニングなどで体を動かし「思っているように動けている。大型力士との稽古も試したい」と、明るい表情だっ …続き (25日 17:22)

名古屋市内で開かれた力士会後、取材に応じる大関貴景勝(25日)=共同

 右膝に不安を抱え、大相撲名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)の出場が不透明な22歳の大関貴景勝が25日、名古屋市北区の千賀ノ浦部屋で稽古を再開した。初のかど番となる今場所に向け「どうなる …続き (25日 16:09)

大相撲名古屋場所の番付表を手に笑顔を見せる東前頭筆頭の朝乃山(24日、愛知県蟹江町の高砂部屋宿舎)=共同

 大相撲名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)の新番付が発表された24日、5月の夏場所で初優勝した東前頭筆頭の朝乃山(富山県出身、高砂部屋)が愛知県蟹江町の高砂部屋で記者会見し「優勝したこと …続き (24日 12:05)

ハイライト・スポーツ

[PR]