/

ストイコビッチ氏、セルビア代表監督に 「W杯に導く」

【ベオグラード=共同】サッカーの旧ユーゴスラビア代表として活躍し、J1名古屋にも選手、監督として在籍したドラガン・ストイコビッチ氏(55)が21日、セルビア代表監督に就任することを明らかにした。共同通信に「私は活力に満ちている。セルビアをカタールでの2022年ワールドカップ(W杯)に導きたい」と意欲を示した。

「ピクシー」の愛称で親しまれたストイコビッチ氏は1994~2001年に名古屋でプレー。08~13年に監督を務め、10年にはJ1初優勝に導いた。15年から中国スーパーリーグの広州富力を率い、昨年に退任が発表されていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン