/

御嶽海「やっと終わった」 初優勝から一夜明け会見

大相撲名古屋場所で初優勝を果たした西関脇御嶽海関(25)=本名大道久司、長野県出身、出羽海部屋=が千秋楽から一夜明けた23日午前、愛知県犬山市の出羽海部屋宿舎で記者会見し「やっと終わった。充実した15日間だった。(以前は)後半失速することが多かったが、それを少しでも払拭することができた」と満足げに語った。

前夜は遅くに宿舎に戻り、改めて感極まったという。大きな銀杯で飲んだ酒の味は「めちゃくちゃおいしかった」と振り返った。

3横綱1大関が休場した今場所は鋭い攻めを軸に優勝争いを引っ張り、14日目に初制覇を決めて13勝2敗の好成績だった。平成生まれの日本出身力士として初めて天皇賜杯を抱いた。目標だった三役での2桁勝利を達成した辺りから優勝を意識するようになったといい「余裕はなかったが、気を引き締めていつも通りやろうと思った」と平常心を強調した。

長野県出身としても初優勝で、秋場所(9月9日初日・両国国技館)では初めて大関とりに挑む。今場所は不在だった横綱陣との対戦も想定され「(目標は)勝ち越しと2桁。2桁いける自信もついたので闘いたいなと思う。前々から横綱とやるときは気が引き締まる。横綱とやりたいなと思う」と意気込んだ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン