/

マラソン松田「見る人に何か伝えられた」 優勝から一夜明け

名古屋ウィメンズマラソンで優勝した松田瑞生(ダイハツ)がレースから一夜明けた15日、名古屋市内で記者会見し「自分の気持ちが表に出ている走りができたとき、見ている人に何か伝えられることができた」とうれしそうに話した。周囲から200件以上のメッセージをもらったという。

2月のびわ湖毎日マラソンで日本新記録を樹立した友人の鈴木健吾(富士通)からも「俺ももっと頑張ろうと思った」とのメッセージがあったという。今後について松田は「応援に走りで恩返しがしたい」とし、日本記録更新についても「挑戦し続けることに意味があると思うし、挑戦し続けたい」とすがすがしい笑顔で語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン