2019年8月19日(月)

プロ野球

西武移籍の内海「やってやる」 奄美で練習

2019/1/14 18:52
保存
共有
印刷
その他

ブルペンで投球する西武の内海(14日、鹿児島県奄美市)=共同

ブルペンで投球する西武の内海(14日、鹿児島県奄美市)=共同

フリーエージェント(FA)で巨人に加入した炭谷銀仁朗捕手の人的補償として西武に移籍した内海哲也投手が14日、鹿児島県奄美市で練習し「今年は例年以上にやってやろうという気持ちになっている」と、新天地で迎える16年目のシーズンに向けて強い意気込みを口にした。

今オフは例年と変わらず体づくりがテーマ。体幹トレーニングや走り込みにじっくり時間をかけた後にブルペンへ向かった。捕手を立たせた状態ながらカーブやスライダーなど変化球も交えて35球を投げ込んだ。この時期としては上々の仕上がりに「例年よりちょっと前のめり。もうちょっと抑えないと」と充実の表情を浮かべた。

通算133勝の実績を誇り、西武は先発の一角として期待を寄せる。キャンプインまで2週間あまりに迫り「2月1日にしっかり投げろと言われたときに、分かりましたと言える準備は必要」と万全の備えで臨む意向を示した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

6回巨人無死一塁、打者小林のときに増田大が二盗。遊撃手木浪(18日、東京ドーム)=共同

 プロ3度目のスタメン出場だった巨人の増田大が、課題の打撃で猛アピールした。四回、左越えに先制の2点三塁打。安定した守備と俊足を買われた伏兵の一振りで、試合の主導権をがっちりと握った。
【18日のプロ野 …続き (18日 19:21)

8回ヤクルト2死二塁、代打荒木が右前に適時打を放つ(18日、神宮)=共同

【ヤクルト3―2中日】ヤクルトは三回にバレンティンの適時打などで2点を先行し、八回は代打荒木の適時打で1点を加えた。ブキャナンが8回無失点で3勝目。中日は八回まで散発4安打。九回にハフから4長短打で1 …続き (18日 21:13更新)

二回、筒香が右中間に通算200本塁打となる2ランを放つ=共同

 一回1死無走者。初対戦となる広島のモンティージャは190センチ、115キロという大型左腕だったが、DeNAの2番・筒香は迷いなく打席に立った。初球の154キロを難なく中前にはじき返し、連敗中は繰り出 …続き (17日 23:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。