/

楽天一筋15年の青山「この地で終われた」 引退会見

楽天の青山浩二投手(37)が23日、楽天生命パーク宮城でオンラインの引退記者会見を行った。北海道・函館工高から八戸大を経て2006年に大学・社会人ドラフト3巡目で楽天に入団し、チーム一筋で15年間の現役生活を終え「愛着も湧いているし、思い出も多い。この地(東北)で終われたのはうれしく思う」と感慨深そうに話した。

引退記者会見を行う楽天の青山浩二投手(23日、楽天生命パーク宮城)=同球団提供・共同

今季はプロで最少の11試合の登板にとどまった。「チームの力になれなかったのが一番。シーズン最後の方にけがをしてしまった。そろそろなのかなと感じた」と決断理由を語った。

印象に残る試合にはリーグ初優勝を決めた2013年9月26日の西武戦を挙げた。登板はなかったが、救援として優勝に貢献し「(11年の東日本大震災から)復興、復興と言いながらなかなか勝てずにいた。復興の力にと、みんなが一つになっていた」と振り返った。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン