/

エンゼルス、エプラーGMを解任 大谷獲得に尽力

【ロサンゼルス=共同】米大リーグ、エンゼルスは27日、ビリー・エプラー・ゼネラルマネジャー(GM)の解任を発表した。来季が契約最終年だった。

ヤンキースのGM補佐を経て2015年10月に就任。17年オフにはプロ野球日本ハムからポスティングシステムを利用した大谷翔平の獲得に尽力、投打の「二刀流」での起用に携わってきた。

チームはマドン新監督が就任した今季もア・リーグ西地区で26勝34敗の4位と低迷し、6年連続でプレーオフ進出を逃した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン