/

クルピ氏がG大阪監督就任へ 選手育成に定評

J1のG大阪の来季監督にブラジル人で元C大阪監督のレビー・クルピ氏(64)が就任する見通しであることが30日、明らかになった。交渉中であることを認めていた山内社長が「なるべく早めに決めたい」と話した。

クルピ氏は1997、2007~11、12~13年にC大阪で指揮を執り、10年には3位に躍進させた。日本代表の香川真司(ドルトムント)らを育てるなど選手の育成にも定評がある。今季はブラジル1部でサントスの監督。

G大阪は9月に5年間チームを率いた長谷川健太監督の今季限りでの退任を発表。その後、強化担当者がブラジルに渡り、交渉していた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン