/

スケボー五輪予選、四十住さくらが初V 堀米雄斗は2位

【デモイン(米アイオワ州)=共同】スケートボードの東京五輪予選対象大会、デュー・ツアーは23日、米アイオワ州デモインで各種目決勝が行われ、今大会が予選最終戦となるパーク女子は四十住さくら(ベンヌ)が61.71点で制し、予選大会で初優勝した。

予選大会4連勝だった岡本碧優(MKグループ)は57.00点で3位。手塚まみは4位、開心那(hot bowl skate park)は5位、中村貴咲(木下グループ)は7位だった。各国・地域の出場枠は3で、既に五輪出場が確定している四十住、岡本に加え開の出場が確実となった。

予選大会残り2戦のストリート男子は堀米雄斗(XFLAG)が35.58点で2位だった。ナイジャ・ヒューストン(米国)が37.05点で優勝した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン