/

ボクシング高山の復帰戦中止 対戦相手がコロナ陽性

日本ボクシングコミッション(JBC)は23日、ミニマム級で世界主要4団体の王座を獲得した高山勝成(寝屋川石田)が、同日に兵庫県の三田市総合文化センターで行う予定だったプロ復帰戦のライトフライ級6回戦が中止となったと発表した。対戦相手の小西伶弥(SUN-RISE)が新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査で陽性と判定されたため。

37歳の高山は東京五輪挑戦のためアマチュアに転向。代表入りを逃し、再びプロとなった。復帰戦は当初は別の相手と5月10日に予定されていたが、コロナ禍で中止、今回が仕切り直しの試合となるはずだった。高山は所属ジムを通じ「残念ですが、致し方ないと思っております。次の試合に向けて気持ちを切り替えていきます」との談話を発表した。

JBCの安河内剛事務局長は「選手個人もジム側も相当程度、感染予防策を講じていたことを確認している。既に何が起きてもおかしくない状況にあると考えざるを得ない」とコメントした。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン