/

柔道・井上監督がコーチ部門受賞 国際連盟アウオーズ

国際柔道連盟(IJF)は27日、2019~20年シーズンに活躍した選手、指導者らを表彰する「IJF柔道アウオーズ」の受賞者を発表し、コーチ部門で日本男子の井上康生監督が選ばれた。昨年の世界選手権東京大会で、優勝した2階級を含む6階級でメダル獲得に導いた。

選手部門では、世界選手権東京大会で2連覇を達成した女子48キロ級のダリア・ビロディド(ウクライナ)と、初制覇を果たした男子60キロ級のルフミ・チフビミアニ(ジョージア)が選ばれた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン