/

伊東先制点でベルギー杯V 海外サッカー、遠藤航らフル出場

【ブリュッセル=共同】サッカーの海外各リーグなどは25日、各地で行われ、ベルギー・カップ決勝で伊東純也のゲンクは2-1でスタンダールを下して2013年以来、8大会ぶり5度目の優勝を果たした。伊東はフル出場し、後半3分に先制点を挙げた。

スタンダール戦の後半、先制ゴールを決めて喜ぶゲンクの伊東=左(25日、ブリュッセル)=ゲッティ共同

ドイツ1部でシュツットガルトの遠藤航はライプチヒ戦にフル出場した。チームは前半早々に退場者を出し、0-2で敗れて4連敗。堂安律と奥川雅也のビーレフェルトはボルシアMGに0-5と大敗して5試合ぶりに黒星を喫した。堂安はフル出場し、奥川は前半のみの出場だった。

オランダ1部でAZアルクマールの菅原由勢はアヤックス戦で6試合ぶりに先発復帰し、フル出場した。チームは0-2で敗れた。

スペイン2部でレガネスの柴崎岳は2-1と逆転勝ちしたアルコルコン戦で1得点1アシストと活躍した。0-1の前半44分に同点ゴールを決めて今季2点目。後半15分に勝ち越し点を演出し、後半39分に退いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン