/

日本、逆転で2勝目 バレー女子ワールドGP

ドイツ戦でサーブを放つ鍋谷(19日、ロングビーチ)=共同

【ロングビーチ(米カリフォルニア州)=共同】バレーボール女子のワールドグランプリ(GP)ロングビーチ大会最終日は19日、米カリフォルニア州ロングビーチで行われ、リオデジャネイロ五輪に出場する日本は、ドイツに3-1で逆転勝ちし、2勝4敗とした。ドイツは6戦全敗。

第1セットを25-27で落とした日本だが、第2セットは古賀(NEC)鍋谷(デンソー)らを先発で起用し、26-24で競り勝った。続く2セットもサイドからの攻撃でリードを広げ、連取した。日本は24日からの京都大会でタイ、セルビア、ロシアと対戦する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン