/

佐藤琢磨がインディ500優勝 米伝統レース、3年ぶり2度目

【ニューヨーク=共同】自動車のインディカー・シリーズ第7戦、伝統のインディアナポリス500マイル(インディ500)は23日、米インディアナポリス・モータースピードウエーで200周(1周約4キロ)の決勝が行われ、43歳の佐藤琢磨(ホンダ)が3年ぶり2度目の優勝を飾った。同シリーズ今季初勝利で通算6勝目。新型コロナウイルスの影響により無観客で実施された。

佐藤はインディ500自己最高の3番手からスタートし、順調に上位をキープ。終盤に首位に立ちゴールを迎えた。元F1ドライバーで、今季はインディカー・シリーズ11シーズン目。17年に日本人で初めてインディ500を制した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン