/

ナダルが4年ぶり優勝 全米テニス、四大大会16勝目

【ニューヨーク=共同】テニスの四大大会最終戦、全米オープン最終日は10日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス決勝で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第28シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)を6-3、6-3、6-4で下して4年ぶり3度目の優勝を果たし、優勝賞金370万ドル(約4億円)を獲得した。

31歳のナダルは四大大会で今季の全仏オープンに続くタイトルとなり、歴代2位の通算16勝。ロジャー・フェデラー(スイス)が歴代最多19勝。

31歳のアンダーソンは四大大会初の準優勝となり、南アフリカ勢で1981年全豪オープンのヨハン・クリーク以来36年ぶりの四大大会制覇には届かなかった。

女子ダブルスは詹詠然(台湾)マルチナ・ヒンギス(スイス)組が初制覇した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン