2019年6月19日(水)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

原沢と王子谷、両者反則負け 柔道GS男子100キロ超級

2018/2/26 9:04
保存
共有
印刷
その他

【デュッセルドルフ(ドイツ)=共同】柔道のグランドスラム・デュッセルドルフ大会最終日は25日、ドイツのデュッセルドルフで男女計5階級が行われ、男子100キロ超級は2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜(日本中央競馬会)と王子谷剛志(旭化成)が決勝で対戦したが、両者が指導3度の反則負けとなり、ともに準優勝となった。

リオ五輪男子90キロ級金メダルのベイカー茉秋(日本中央競馬会)は準優勝だった。ベイカーは昨年4月の右肩手術からの復帰戦となり、五輪後で初の国際大会出場。小林悠輔(旭化成)は3回戦で敗れた。リオ五輪100キロ級銅メダルの羽賀龍之介(旭化成)は1回戦で敗れた。

女子は昨夏の世界選手権78キロ超級2位の朝比奈沙羅(東海大)が優勝。78キロ級の佐藤瑠香(コマツ)も決勝で昨年の世界選手権女王のマイラ・アギアル(ブラジル)を破り優勝した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 ボクシングの世界戦各12回戦は19日、千葉市の幕張メッセイベントホールで行われ、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王座決定戦で同級2位の井岡一翔(Reason大貴)が、同級1位のアストン・ …続き (22:00)

2回、タナワット・ナコーン(左)を攻める京口紘人(19日、幕張メッセ)=共同

 ボクシングの世界戦各12回戦は19日、千葉市の幕張メッセイベントホールで行われ、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王座決定戦で同級2位の井岡一翔(Reason大貴)が日本男子初の世界4階級 …続き (21:12)

WBOスーパーフライ級王座決定戦の計量をパスした井岡一翔(右)とアストン・パリクテ(18日、東京都文京区)=共同

 ボクシング世界戦(19日・千葉市幕張メッセ)の前日計量が18日、東京都内で行われ、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王座決定戦で日本男子初の世界4階級制覇を目指す30歳の井岡一翔(Reas …続き (18日 16:54)

ハイライト・スポーツ

[PR]