/

日本、金メダル33個で最多 ユニバ夏季大会閉幕

【ナポリ(イタリア)=共同】学生スポーツの祭典、第30回ユニバーシアード夏季大会最終日は14日、全競技を終えてイタリアのナポリで閉会式が行われ、12日間の祭典が閉幕した。日本は全15競技に出場して金メダルを33個獲得し、各国・地域別のメダル獲得数で1位となった。銀メダル21、銅メダル28を合わせて計82個を獲得し、メダル総数でもロシアと並んで1位だった。

第30回ユニバーシアード夏季大会の閉会式(14日、ナポリ)=共同

閉会式に先立って日本選手団の解団式が行われ、星野一朗団長は「各競技団体の力で、2020年(東京五輪)につながるいい成績が残せたのではないかと思う」と評価した。

次回大会は21年に中国の成都で行われる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン