サッカー

英プレミアリーグの費用対効果、岡崎のレスター1位 英紙

2016/1/4 12:13
共有
保存
印刷
その他

 【ロンドン=共同】英デーリー・メール紙がこのほど、サッカーのイングランド・プレミアリーグで各クラブの勝ち点1獲得にかかる選手強化予算の「費用対効果」を算出し、FW岡崎慎司の所属する今季好調のレスターが1位で、最下位の20位は昨季覇者のチェルシーとなった。

 同紙によると、データは前半戦を終えた昨年12月末時点の数字で割り出した。近年のプレミアリーグは巨額なテレビ放送権料で潤い、クラブも豊富な資金力を持つが、レスターは選手人件費が計2750万ポンド(約49億円)と下から3番目の低コストで、勝ち点1当たり70万5128ポンド(約1億2500万円)の出費と見積もられた。2位にワトフォード、3位にクリスタルパレスが続いた。

 一方、各国のタレントをそろえるチェルシーは選手の強化費が計1億ポンド(約177億円)に上るが不振で、勝ち点1を得るのにレスターの約7倍の500万ポンド(約8億9千万円)を拠出している計算になった。マンチェスター・ユナイテッドは18位、リーグ1位で前半戦を折り返したアーセナルは13位だった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 日本サッカー協会は23日、10年ぶりの優勝を狙うJ1浦和がアルヒラル(サウジアラビア)と対戦するアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝の開始時間を発表し、浦和がホームとなる第2戦(11月25日・ …続き (23日 19:47)

パリ・サンジェルマンのネイマール(右)と競り合うマルセイユの酒井宏(22日、マルセイユ)=共同

 【マルセイユ(フランス)=共同】サッカーの海外各リーグは22日、各地で行われ、フランス1部でマルセイユの酒井宏樹はホームで行われた首位パリ・サンジェルマンとの一戦にフル出場した。試合は後半ロスタイム …続き (23日 9:28)

 サッカーのU―17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)インド大会第14日は22日、コルカタなどで準々決勝2試合が行われ、スペインがイランを3―1、ブラジルがドイツを2―1で下して4強入りした。25日 …続き (23日 2:23)

ハイライト・スポーツ

[PR]