スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

男子100kgウルフ、女子78kg超は冨田が優勝 柔道GP

2019/7/15 9:31
保存
共有
印刷
その他

【ブダペスト=共同】柔道のグランプリ大会最終日は14日、ブダペストで男女計5階級が行われ、男子100キロ級では世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)で2年ぶりの優勝を狙うウルフ・アロン(了徳寺大職)が決勝で一本勝ちして優勝した。女子78キロ超級は冨田若春(コマツ)が制した。

男子100キロ級で優勝し、金メダルを掲げるウルフ・アロン=中央(14日、ブダペスト)=共同

男子100キロ級で優勝し、金メダルを掲げるウルフ・アロン=中央(14日、ブダペスト)=共同

男子90キロ級の向翔一郎(ALSOK)は決勝で昨年の世界選手権覇者ニコロズ・シェラザジシビリ(スペイン)に延長の末に一本負け。100キロ超級で世界選手権の混合団体メンバーの影浦心(日本中央競馬会)も決勝で敗れた。

女子78キロ超級で世界選手権2連覇を目指す朝比奈沙羅(パーク24)は3位決定戦で敗れた。78キロ級の佐藤瑠香(コマツ)は準優勝だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

7回、ジョナサン・ゴンサレス(左)を攻める田中恒成=共同

 世界戦でKO勝ちしたボクサーとは思えないような、試合後の田中の表情だった。「内容は最悪」。さきの甲子園で2度の7イニング逆転劇で快進撃した母校、中京学院大中京になぞらえ7回逆転KOを語る姿もどこか自 …続き (24日 20:30)

記者会見する朝比奈沙羅(24日、東京都内)=共同

 日本で9年ぶりに開催される柔道の世界選手権は25日、日本武道館で開幕する。来年の東京五輪に向け活躍が期待される日本の有力選手が24日、東京都内で記者会見し、女子78キロ超級で2連覇を狙う朝比奈沙羅( …続き (24日 19:13)

7回、ジョナサン・ゴンサレス(左)を攻める田中恒成(24日、武田テバオーシャンアリーナ)=共同

 世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチ12回戦は24日、名古屋市武田テバオーシャンアリーナで行われ、王者の田中恒成(畑中)が挑戦者の同級1位ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)を7回2 …続き (24日 17:45)

ハイライト・スポーツ

[PR]