/

小林陵侑、今季5勝目 W杯ジャンプ週間開幕戦

【オーベルストドルフ(ドイツ)=共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は30日、ドイツのオーベルストドルフで年末年始恒例のジャンプ週間開幕戦を兼ねた個人第8戦(ヒルサイズ=HS137メートル)が行われ、22歳の小林陵侑(土屋ホーム)が合計282.3点で今季、通算ともに5勝目を挙げた。

小林陵は1回目に最長不倒の138.5メートルを飛んでトップに立ち、2回目は126.5メートルで逃げ切った。1997~98年シーズンの船木和喜(フィット)に次ぐ、日本選手2人目のジャンプ週間総合優勝へ好発進した。

4戦で争うジャンプ週間での日本勢の勝利は2000~01年シーズンにガルミッシュパルテンキルヘン(ドイツ)で勝った葛西紀明(土屋ホーム)以来で、4人目。

佐藤幸椰(雪印メグミルク)は15位、中村直幹(東海大)は29位、1対1の対戦形式で争った1回目で敗れて2回目に進めなかった伊東大貴(雪印メグミルク)は31位、小林潤志郎(雪印メグミルク)は50位だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン