2019年2月17日(日)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

大野陽子が優勝、原沢久喜2位 柔道GSパリ大会

2019/2/11 8:39
保存
共有
印刷
その他

【パリ=共同】柔道のグランドスラム(GS)パリ大会最終日は10日、男女計7階級が行われ、女子70キロ級で昨年の世界選手権3位の大野陽子(コマツ)が決勝でフランス選手に一本勝ちして優勝した。男子100キロ超級で2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜は決勝で金成民(韓国)に一本負けした。

女子70キロ級決勝でフランス選手(下)を破り優勝した大野陽子(10日、パリ)=共同

女子70キロ級決勝でフランス選手(下)を破り優勝した大野陽子(10日、パリ)=共同

男子100キロ級で元世界王者のウルフ・アロン(了徳寺学園職)は決勝で、世界選手権2年連続2位で世界ランキング1位のバルラム・リパルテリアニ(ジョージア)に優勢で敗れた。

男子90キロ級で昨年の世界選手権3位の長沢憲大(パーク24)は向翔一郎(ALSOK)、女子78キロ級の梅木真美(ALSOK)は佐藤瑠香(コマツ)との3位決定戦を制した。男子100キロ超級の影浦心(日本中央競馬会)、女子78キロ超級で全日本女王の素根輝(福岡・南筑高)、女子70キロ級の新添左季(山梨学院大)も3位に入った。

GSパリ大会は今年最初の主要国際大会。世界選手権東京大会(8~9月)の代表選考会の一つとなっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

記者会見でポーズをとるWBAバンタム級王者の井上尚弥。左は父の真吾さん、右は大橋秀行会長(16日、横浜市)=共同

 世界ボクシング協会(WBA)バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が16日、横浜市の所属ジムで記者会見し、「最強決定トーナメント」ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)の準決勝(5月18日・英 …続き (16日 20:43)

 日本ボクシング連盟は15日、3月に予定していたアジア選手権代表選考会を中止すると発表した。アジア選手権を、2020年東京五輪で採用される体重階級ではなく現行の階級で実施するとの通知があったため。
 代 …続き (15日 23:03)

 柔道のグランドスラム(GS)パリ大会で初戦の2回戦敗退に終わった男子66キロ級世界王者の阿部一二三(日体大)が14日、羽田空港に帰国し「この負けを受け入れ、さらに成長できるように自分を見つめ直したい …続き (14日 17:50)

ハイライト・スポーツ

[PR]