2019年6月20日(木)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

原沢が3年ぶり国際大会V 柔道GSデュッセルドルフ大会

2019/2/25 7:53
保存
共有
印刷
その他

【デュッセルドルフ(ドイツ)=共同】柔道のグランドスラム(GS)デュッセルドルフ大会最終日は24日、ドイツのデュッセルドルフで男女計5階級が行われ、男子100キロ超級で2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜が決勝でロシア選手に一本勝ちして優勝した。

男子100キロ超級決勝でロシア選手に一本勝ちした原沢久喜=上(24日、デュッセルドルフ)=共同

男子100キロ超級決勝でロシア選手に一本勝ちした原沢久喜=上(24日、デュッセルドルフ)=共同

原沢は16年2月のGSパリ大会以来の国際大会制覇。得意の内股を軸にした攻撃がさえ、5試合を勝ち抜いた。男子100キロ級は昨年のジャカルタ・アジア大会覇者で20歳の飯田健太郎(国士舘大)が、決勝で昨年世界王者の趙グハム(韓国)に優勢勝ちして制した。

女子78キロ超級で世界女王の朝比奈沙羅(パーク24)、男子90キロ級で18歳の村尾三四郎(神奈川・桐蔭学園高)はともに決勝で敗れた。

男子100キロ超級の小川雄勢(明大)は3位決定戦で敗れて5位。昨年の世界選手権覇者で女子78キロ級の浜田尚里(自衛隊)は1回戦敗退した。

今大会は世界選手権東京大会(8~9月)代表選考会の一つ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

4階級制覇を果たした試合から一夜明け、笑顔でポーズをとる井岡一翔(20日、東京都内)=共同

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王座決定戦を制し、日本男子初の4階級制覇を果たした井岡一翔(Reason大貴)が勝利から一夜明けた20日、東京都内で記者会見し「無事にベルトを取れて、ほっ …続き (15:13)

2020年東京五輪のボクシングの予選方式について説明するIOCのマコネル競技部長(左)ら(19日、スイス・ローザンヌ)=共同

 【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)は19日、スイスのローザンヌで理事会第1日の審議を行い、2020年東京五輪での存続が決まったボクシングで日本に開催国枠として男子4、女子2 …続き (7:59)

WBOスーパーフライ級王座決定戦の10回、アストン・パリクテ(左)を攻める井岡一翔。TKO勝ちし、日本男子初の4階級制覇を達成した(19日、千葉市の幕張メッセイベントホール)=AP

 ボクシングの世界戦各12回戦は19日、千葉市の幕張メッセイベントホールで行われ、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王座決定戦で同級2位の井岡一翔(Reason大貴)が、同級1位のアストン・ …続き (19日 22:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]