/

本田、アゼルバイジャンでデビュー ネフチは敗れる

【ベルリン=共同】サッカーのアゼルバイジャン・プレミアリーグで4日、ネフチの本田圭佑がホームで行われたスムガイト戦で0-2の後半開始から出場し、新天地デビューを果たした。試合はそのまま敗れた。本田はスルーパスで好機を演出し、自らシュートも打ったが、全体的には精彩を欠いた。

スムガイト戦の後半、移籍後初出場しパスを出すネフチの本田=左(4日、バクー)=共同

昨年末にボタフォゴ(ブラジル)退団を表明した34歳の本田は今年2月にポルトガル1部のポルティモネンセ入りを明らかにしたが、選手登録が間に合わずに破談。3月にネフチと契約した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン