/

マーリンズ、レドモンド監督ら解任 首脳陣をてこ入れ

ブレーブス戦の6回、アルバレスの降板を告げベンチに戻るマーリンズのレドモンド監督。試合後に解任が発表された(17日、マイアミ)=共同

【マイアミ=共同】米大リーグでイチロー外野手が所属するマーリンズは17日、マイアミでのブレーブス戦後にマイク・レドモンド監督(44)とロブ・レアリー・ベンチコーチ(51)の解任を発表した。会見した球団のヒル編成本部長は「今はチームの戦いが安定することが必要。現状のチーム内にはその方策がないと判断した」と首脳陣のてこ入れを断行した背景を短く説明した。後任は18日に発表される見込み。

マーリンズはこの日で3連敗を喫し、16勝22敗。ナ・リーグ東地区で最下位フィリーズと0.5ゲーム差の4位と低迷している。レドモンド監督が就任して3年目の今季は開幕ダッシュに失敗し、救援投手陣が不安定で苦しい戦いが続いていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン