/

男子1600メートル、日本が銀 陸上世界リレーで初のメダル

【ジュネーブ=共同】陸上の東京五輪予選を兼ねる世界リレー大会最終日は2日、ポーランドのホジュフで各種目の決勝が行われ、男子1600メートルリレーの日本(伊東、川端、佐藤、鈴木碧)が3分4秒45で銀メダルを獲得した。五輪、世界選手権を含めて同種目初の表彰台。オランダが3分3秒45で優勝した。

男子1600メートルリレーで銀メダルを獲得し、ポーズをとる日本チーム。左から鈴木碧、佐藤、川端、伊東(2日、ホジュフ)=ロイター

五輪枠を既に獲得済みだったため若手中心で臨んだ男子400メートルリレー(坂井、鈴木涼、宮本、柳田)は、39秒42で2015年大会に並ぶ「銅」。2チームの失格で5着から繰り上がった。女子400メートルリレー(青山、児玉、斎藤、鶴田)は44秒40の4位で、男子1600メートルと合わせた2種目で上位8チームに与えられる五輪枠を獲得した。

強豪の米国やジャマイカは新型コロナウイルス感染の懸念で欠場した。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン