/

小林陵6位、佐藤幸7位 ジャンプW杯

【ベルリン=共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は17日、ポーランドのザコパネで個人第14戦(ヒルサイズ=HS140メートル)が行われ、小林陵侑(土屋ホーム)は132メートル、136.5メートルの合計282.4点で今季自己最高の6位に入った。佐藤幸椰(雪印メグミルク)は133メートル、135メートルの合計279.8点で7位。

1回目2位のマリウス・リンビク(ノルウェー)が2回目に最長不倒の145.5メートルを飛んで逆転し、合計296.5点で今季初となる通算3勝目を挙げた。

小林潤志郎は18位、佐藤慧一(ともに雪印メグミルク)は21位。岩佐勇研(東京美装)は2回目に進めず、47位。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン