その他スポーツ

村上が女子床で日本人初の金 世界体操、白井は跳馬制す

2017/10/9 7:07
保存
共有
印刷
その他

女子種目別の床運動で初優勝した村上茉愛(8日、モントリオール)=共同

女子種目別の床運動で初優勝した村上茉愛(8日、モントリオール)=共同

【モントリオール=共同】体操の世界選手権最終日は8日、モントリオールで種目別決勝の後半5種目が行われ、女子床運動で村上茉愛(日体大)が14.233点をマークし、同種目で日本勢初の金メダルに輝いた。日本女子の世界一は1954年大会で平均台優勝の田中(現姓池田)敬子以来63年ぶり2人目の快挙。

男子跳馬で白井健三(日体大)が14.900点を出し、2位のイーゴリ・ラディビロフ(ウクライナ)に0.001点差で初優勝した。同種目の日本勢で78年大会の清水順一以来39年ぶり5人目の世界王者。今大会で床運動に続く2冠を達成し、個人総合3位と合わせて計3個のメダルとなった。安里圭亮(相好ク)は14.349点で6位。

女子種目別の床運動で初優勝し、表彰式で笑顔の村上茉愛(8日、モントリオール)=共同

女子種目別の床運動で初優勝し、表彰式で笑顔の村上茉愛(8日、モントリオール)=共同

男子鉄棒で宮地秀享(茗渓ク)は最高I難度の新技「伸身コバチ2回ひねり」を決めたが、その後の離れ技で落下して13.733点で5位。女子平均台で村上は13.066点で4位、寺本明日香(中京大)は12.966点で6位だった。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 世界カーリング連盟は9日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で変更した2022年北京五輪の出場枠決定方式を発表した。当初は今年と来年の世界選手権によるポイントなどで決める方式だったが、今春の世界選手権 …続き (10:52)

八村塁=共同

 【ロサンゼルス=共同】米プロバスケットボールNBAで八村塁が所属するウィザーズのシェパード・ゼネラルマネジャー(GM)が9日、チームの公式ツイッターで、新人の八村について「高い期待をしていたが、開幕 …続き (10:02)

 【ジュネーブ=共同】国際体操連盟(FIG)は9日、東京五輪の延期を受けて理事会を開き、五輪予選として3月に開催した体操種目別ワールドカップ(W杯)シリーズ第7戦は決勝が中止されたため予選順位を最終結 …続き (9:56)

ハイライト・スポーツ

[PR]