その他スポーツ

村上が女子床で日本人初の金 世界体操、白井は跳馬制す

2017/10/9 7:07
共有
保存
印刷
その他

女子種目別の床運動で初優勝した村上茉愛(8日、モントリオール)=共同

女子種目別の床運動で初優勝した村上茉愛(8日、モントリオール)=共同

 【モントリオール=共同】体操の世界選手権最終日は8日、モントリオールで種目別決勝の後半5種目が行われ、女子床運動で村上茉愛(日体大)が14.233点をマークし、同種目で日本勢初の金メダルに輝いた。日本女子の世界一は1954年大会で平均台優勝の田中(現姓池田)敬子以来63年ぶり2人目の快挙。

 男子跳馬で白井健三(日体大)が14.900点を出し、2位のイーゴリ・ラディビロフ(ウクライナ)に0.001点差で初優勝した。同種目の日本勢で78年大会の清水順一以来39年ぶり5人目の世界王者。今大会で床運動に続く2冠を達成し、個人総合3位と合わせて計3個のメダルとなった。安里圭亮(相好ク)は14.349点で6位。

女子種目別の床運動で初優勝し、表彰式で笑顔の村上茉愛(8日、モントリオール)=共同

女子種目別の床運動で初優勝し、表彰式で笑顔の村上茉愛(8日、モントリオール)=共同

 男子鉄棒で宮地秀享(茗渓ク)は最高I難度の新技「伸身コバチ2回ひねり」を決めたが、その後の離れ技で落下して13.733点で5位。女子平均台で村上は13.066点で4位、寺本明日香(中京大)は12.966点で6位だった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 セーリングのワールドカップ(W杯)第1戦は19日、愛知県蒲郡市の豊田自動織機海陽ヨットハーバー沖で第3日を迎えたが風が吹かず、開始を待った末に全種目がノーレースとなった。
 ここまで首位に立っている男 …続き (19:43)

調整する小平(19日、エムウエーブ)=共同

 平昌冬季五輪を控える今シーズンのスピードスケートの国内開幕戦、全日本距離別選手権は20日から長野市エムウエーブで行われる。19日は会場のリンクで公式練習が行われ、女子の小平奈緒(相沢病院)らが氷の感 …続き (18:03)

2020年東京パラリンピックに向けた第4回事務折衝に出席した(左から)大会組織委の森喜朗会長、IPCのパーソンズ会長、クレーブン前会長(19日午前、東京都港区)=共同

 2020年東京パラリンピックの準備状況を確認する大会組織委員会と国際パラリンピック委員会(IPC)の第4回事務折衝が19日、東京都内で始まった。会合は2日間の日程で行われ、9月に就任したIPCのパー …続き (15:07)

ハイライト・スポーツ

[PR]