/

錦織リードで日没順延 全仏テニス4回戦、ナダル快勝

【パリ=共同】テニスの全仏オープン第8日は2日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス4回戦で第7シードの錦織圭(日清食品)は世界ランキング38位のブノワ・ペール(フランス)と対戦し、6-2、6-7、6-2で日没順延となった。試合は3日午後(日本時間同日夜)に再開される予定。

男子シングルス4回戦 ブノワ・ペールと対戦する錦織圭。試合は日没順延となった(2日、パリ)=共同

11度の優勝を誇る第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)はフアンイグナシオ・ロンデロ(アルゼンチン)に6-2、6-3、6-3で快勝。スタン・バブリンカ(スイス)は第6シードのステファノス・シチパス(ギリシャ)に7-6、5-7、6-4、3-6、8-6で競り勝ち、準々決勝に進んだ。

女子シングルス4回戦は第7シードのスローン・スティーブンス(米国)が2016年優勝のガルビネ・ムグルサ(スペイン)を6-4、6-3で下し、8強入りした。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン