その他スポーツ

米国、1600リレー男女ともV 世界陸上

2019/10/7 7:47
保存
共有
印刷
その他

【ドーハ=共同】陸上の世界選手権最終日は6日、ドーハで行われ、1600メートルリレー決勝は男女とも米国が優勝した。男子は2分56秒69で2大会ぶりに制し、女子は3分18秒92で2連覇。女子で5日の予選を走ったアリソン・フェリックスは男女を通じて単独最多の通算金メダル数を13に伸ばした。

男子1600メートルリレー決勝 バトンを受け走りだす米国チームのアンカーのベンジャミン(手前左)。2分56秒69で優勝した(6日、ドーハ)=共同

男子1600メートルリレー決勝 バトンを受け走りだす米国チームのアンカーのベンジャミン(手前左)。2分56秒69で優勝した(6日、ドーハ)=共同

男子のやり投げ決勝はアンダーソン・ピーターズ(グレナダ)が86メートル89、1万メートル決勝はジョシュア・チェプテゲイ(ウガンダ)が26分48秒36、1500メートル決勝はティモシー・チェルイヨット(ケニア)が3分29秒26で、いずれも初優勝した。

女子の走り幅跳び決勝はマライカ・ミアンボ(ドイツ)が7メートル30、100メートル障害決勝はニア・アリ(米国)が12秒34で初制覇。

今大会の日本のメダルは金2を含む3個で、ほかに5人が入賞した。次回は2021年8月に米オレゴン州ユージンで開催される。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

平野は中国選手に敗れ、東京五輪のシングルス代表の座を逃した=共同

 直前に石川が敗れ、選考レースの趨勢を握ることになった平野。勝てば悲願の五輪シングルス出場、負ければその権利は石川へ。「向かっていくだけ。思い切っていこう」。邪念を払いのけるように平野は右腕を振ったが …続き (0:03)

卓球グランドファイナルの女子シングルス1回戦でプレーする石川佳純。東京五輪代表の選考基準を満たし、シングルス代表入りを確実にした=共同

 【鄭州(中国)=鱸正人】卓球のワールドツアー上位選手で争うグランドファイナルは12日、中国の鄭州で開幕し、シングルスの女子1回戦で東京五輪シングルス代表の残り1枠を争う石川佳純(全農)と平野美宇(日 …続き (12日 23:52)

女子シングルス1回戦で劉詩●(あめかんむりに文)=手前と対戦する石川佳純(12日、鄭州)=共同

 【鄭州(中国)=共同】卓球のワールドツアー上位選手で争うグランドファイナルは12日、中国の鄭州で開幕し、シングルスの女子1回戦は東京五輪日本代表の残り1枠を争う石川佳純(全農)と平野美宇(日本生命) …続き (12日 23:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]