その他スポーツ

内村が鉄棒で「金」、16歳宮川は惜しくも4位 世界体操

2015/11/2 6:44
保存
共有
印刷
その他

体操の世界選手権男子種目別鉄棒で優勝した内村航平の演技(1日、英グラスゴー)=共同

体操の世界選手権男子種目別鉄棒で優勝した内村航平の演技(1日、英グラスゴー)=共同

【グラスゴー(英国)=共同】体操の世界選手権最終日は1日、英国のグラスゴーで種目別決勝の後半5種目が行われ、鉄棒は内村航平(コナミスポーツク)がG難度の離れ技「カッシーナ」を決めるなど15.833点で初優勝した。史上最多6連覇の個人総合、団体総合と合わせて今大会3個目の金メダルで、日本選手最多の通算獲得メダルは金10、銀5、銅4の計19個となった。

女子床運動で16歳の宮川紗江(セインツク)は14.933点で表彰台にあと0.067点と迫る4位だった。シモーン・バイルス(米国)が平均台も含めた2種目を制し、個人総合、団体総合と合わせて4冠。獲得金メダルを計10個とし、女子の最多記録を更新した。

男子平行棒の田中佑典(コナミスポーツク)は15.600点で7位、跳馬の白井健三(日体大)は14.516点で7位だった。

日本男子は金4、銅1の計5個のメダル獲得と活躍した。女子は5大会連続で表彰台に立てなかった。次回は2017年にモントリオールで開催される。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 卓球のオーストリア・オープンは15日、オーストリアのリンツで行われ、混合ダブルス準々決勝で張本智和(木下グループ)早田ひな(日本生命)組が水谷隼(木下グループ)伊藤美誠(スターツ)組を3―1で下し、 …続き (0:03)

 日本体操協会は15日、東京都内で常務理事会を開き、体操男子の東京五輪代表選考基準を決めた。全4人の団体総合メンバーは、個人総合で争う来年5月末のNHK杯(高崎アリーナ)で上位2人がまず決定。さらに4 …続き (15日 22:30)

 【ロンドン=共同】競泳男子の五輪金メダリストでドーピング検査を妨害した疑いを持たれている孫楊(中国)が15日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)がスイスのモントルーで開いた公聴会に出席し、不正行為を強く否 …続き (15日 21:36)

ハイライト・スポーツ

[PR]