/

角田が女子48キロ級優勝、古賀若を破る 世界柔道

柔道の世界選手権は6日、ブダペストで開幕して男女各1階級が行われ、女子48キロ級は2017年に52キロ級2位で28歳の角田夏実(了徳寺大職)が決勝で19歳の古賀若菜(山梨学院大)に一本勝ちし、初優勝を果たした。角田は初戦の2回戦から5試合全て一本勝ち。初出場の古賀は1回戦から5試合を勝ち上がる大健闘だった。

日本勢同士の決勝は18年の女子52キロ級で、初優勝した阿部詩(日体大)と志々目愛(了徳寺大職)が争って以来。

男子60キロ級は元五輪王者の故古賀稔彦さんの次男、22歳で初出場の古賀玄暉(旭化成)が初戦の2回戦でイスラエル選手に一本負けして敗退。世界ランキング1位で2大会連続3位の永山竜樹(了徳寺大職)は3回戦でアゼルバイジャン選手に優勢で屈して敗退した。同級の日本勢がメダルを逃すのは07年以来10大会ぶり。

東京五輪出場権の基準となる世界ランキングの最後のポイント対象大会。男女14階級で開催国枠1が与えられている日本の五輪代表は出場しない。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン