2019年5月20日(月)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ベイカー茉秋、復帰戦で準優勝 柔道GS大会

2018/2/26 1:50
保存
共有
印刷
その他

【デュッセルドルフ(ドイツ)=共同】柔道のグランドスラム・デュッセルドルフ大会最終日は25日、ドイツのデュッセルドルフで男女計5階級が行われ、2016年リオデジャネイロ五輪男子90キロ級金メダルのベイカー茉秋(日本中央競馬会)は決勝でミハイル・イゴルニコフ(ロシア)に一本負けし準優勝だった。ベイカーは昨年4月の右肩手術からの復帰戦となり、五輪後で初の国際大会出場。小林悠輔(旭化成)は3回戦で敗れた。

男子100キロ超級はリオ五輪銀メダルの原沢久喜(日本中央競馬会)と王子谷剛志(旭化成)の日本勢が決勝でぶつかる。リオ五輪100キロ級銅メダルの羽賀龍之介(旭化成)は1回戦で敗れた。

女子は昨夏の世界選手権78キロ超級2位の朝比奈沙羅(東海大)、78キロ級の佐藤瑠香(コマツ)がともに決勝に駒を進めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

10回、フェリックス・アルバラード(左)と攻め合う小西伶弥(19日、神戸ポートピアホテル)=共同

 国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級タイトルマッチ12回戦は19日、神戸市の神戸ポートピアホテルで行われ、挑戦者で同級3位の小西伶弥(真正)は王者のフェリックス・アルバラード(ニカラグア)に0 …続き (19日 20:54)

全勝の王者対決も2回TKOで完勝。看板に偽りなしの強さを見せた井上尚=ロイター

 近代ボクシング発祥の地であり、その熱狂ぶりで知られる英国のファンも大喜びだった。全勝王者対決に完勝した井上尚は「ロドリゲス相手にこの勝ち方。すごくホッとしている」。日本から多くのファンとメディアを引 …続き (19日 13:31)

WBSSバンタム級準決勝で勝利し、試合後に記者会見した井上尚弥(右)。中央は父の真吾トレーナー(18日、英国グラスゴー)

 18日に英国グラスゴーで行われたワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級準決勝で、井上尚弥(大橋)がエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に2回TKO勝ちした。記者会見や取材対応 …続き (19日 10:34)

ハイライト・スポーツ

[PR]