/

陸上テスト大会、多田は100で2位 三浦が3000障害で日本新

陸上の東京五輪テスト大会は9日、国立競技場で行われ、男子100メートル決勝はジャスティン・ガトリン(米国)が10秒24で制し、多田修平が10秒26の2位、小池祐貴(ともに住友電工)が10秒28の3位に入った。桐生祥秀(日本生命)は予選でフライングのため失格となった。

男子100メートル決勝 ゴールする(左から)3位の小池祐貴、優勝したジャスティン・ガトリン、2位の多田修平(9日、国立競技場)=共同

男子3000メートル障害は三浦龍司(順大)が8分17秒46の日本新記録で優勝。岩水嘉孝の記録を18年ぶりに更新し、東京五輪参加標準記録も突破した。同400メートル障害は黒川和樹(法大)が48秒68で制し、2位の山内大夢(早大)、3位の豊田将樹(富士通)までが参加標準記録を破った。

男子走り高跳びは戸辺直人(JAL)が2メートル30でムタズエサ・バルシム(カタール)とともに1位。女子1500メートルは田中希実(豊田自動織機TC)が4分9秒10で、同100メートル障害は寺田明日香(ジャパンクリエイト)が12秒99で制した。同5000メートルは萩谷楓(エディオン)が日本勢トップの3位。

海外から渡航した9選手も参加し、無観客で開催された。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン