/

奥原5年ぶりV バド全英OP、遠藤・渡辺組は連覇

(更新)

バドミントンの全英オープン最終日は21日、英国のバーミンガムで各種目の決勝が行われ、ダブルスの男子は遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)が2年連続2度目の優勝を果たした。女子は永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)が初制覇し、混合は渡辺、東野有紗組(日本ユニシス)が3年ぶり2度目の優勝。女子シングルスは奥原希望(太陽ホールディングス)が5年ぶり2度目の頂点に立った。

女子シングルスで5年ぶりの優勝を果たした奥原希望(21日、バーミンガム)=AP
男子ダブルス決勝でプレーする遠藤(左)、渡辺組(21日、バーミンガム)=AP

遠藤、渡辺組は園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)を2-1で下した。永原、松本組は前回覇者の福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)に、渡辺、東野組は金子祐樹、松友美佐紀組(日本ユニシス)に、奥原はポルンパウィ・チョチュウォン(タイ)にいずれも2-0で勝った。

今大会は中国、韓国、台湾の強豪勢が不参加。実力者をそろえるインドネシア勢は新型コロナウイルスの影響を受けて大会序盤に棄権となった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン