/

世界柔道、混合団体で日本4連覇 フランス下す

柔道の世界選手権最終日は13日、ブダペストで混合団体が行われ、日本が決勝でフランスを4-0で下して4連覇を達成した。初戦の準々決勝はウクライナ、準決勝はロシア連盟をいずれも4-0で退けた。

決勝は男子73キロ級の橋本壮市(パーク24)、女子70キロ級の新添左季(自衛隊)、90キロ級の長沢憲大(パーク24)に続き、最後は70キロ超級の秋場麻優(ALSOK)が勝利。準決勝まではともに22歳で男子73キロ級の原田健士(ALSOK)、57キロ級の舟久保遥香(三井住友海上)ら若手が活躍した。フランスは3大会連続2位で、3位はウズベキスタンとブラジル。

混合団体は男女各3人の6人制で15チームが参加。東京五輪では新種目として実施される。

12日の第7日までの個人戦で日本の金メダルは男子が3大会連続の2個、女子が前回を一つ上回る3個だった。ロシア勢はドーピング問題に伴う処分で国旗や国歌を使えないロシア連盟として参加。来年の世界選手権はタシケントで開催される。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン