その他スポーツ

渡部暁斗、2季ぶり優勝 スキーW杯複合

2020/3/1 23:15
保存
共有
印刷
その他

【ラハティ(フィンランド)=共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は1日、フィンランドのラハティで個人第16戦が行われ、渡部暁斗(北野建設)が2018年3月以来、2季ぶりの優勝を果たした。通算18勝目で、荻原健司が持つ複合の日本勢最多19勝にあと1に迫った。

W杯複合個人第16戦で優勝した渡部暁斗(1日、ラハティ)=AP

W杯複合個人第16戦で優勝した渡部暁斗(1日、ラハティ)=AP

前半飛躍(ヒルサイズ=HS130メートル)で127メートルを飛び、120.0点で首位に立ち、2位と9秒差で発進した後半距離(10キロ)は終始先頭集団で走って逃げ切った。

山本涼太(早大)は14位、永井秀昭(岐阜日野自動車)は25位、山元豪(ダイチ)は28位、渡部善斗(北野建設)は後半距離を棄権した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 日本陸連は3日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、6月25~28日に開催予定だった日本選手権(大阪市)と、同13~14日の日本選手権混成競技(長野市)を秋に延期すると発表した。9月下旬から10 …続き (3日 21:38)

 日本陸連は3日の強化委員会でマラソン、競歩の東京五輪代表に決まっている男女12人の代表権を維持する方針を確認した。男子20キロ競歩は選考会を全て終えており、麻場一徳強化委員長はその結果で最後の1枠を …続き (3日 21:28)

広瀬隆喜=共同

 日本ボッチャ協会は3日、1年延期となった東京パラリンピック代表に既に内定している4選手の資格を維持すると発表した。ボッチャでは重度障害がある選手の疾患が進行する不安も指摘されるが、村上光輝強化指導部 …続き (3日 18:59)

ハイライト・スポーツ

[PR]