/

パラ競泳、中島・宮崎が繰り上がり 東京大会代表

日本パラ水泳連盟と日本知的障害者水泳連盟は20日、東京パラリンピック日本代表候補に、補欠だった男子の中島啓智、宮崎哲(ともにあいおいニッセイ同和損保)が繰り上がると発表した。クラス分けが未確定のため保留となっていた久保大樹(KBSクボタ)と長野凌生(野村不動産パートナーズ)が内定選手から外れた。

知的障害の中島は2016年リオデジャネイロ大会の200メートル個人メドレーで銅メダルを獲得。同じ知的障害の宮崎も2大会連続出場となる。ベルリンで行われた国際クラス分けの結果、運動機能障害の久保は選考対象種目のクラスから外れ、視覚障害の長野は出場資格を満たさなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン