/

古賀さん次男、玄暉V 柔道全日本選抜体重別

柔道の世界選手権(6月・ブダペスト)代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権最終日は4日、福岡国際センターで男子7階級が行われ、60キロ級は1992年バルセロナ五輪男子71キロ級覇者で3月24日に53歳で死去した古賀稔彦さんの次男、古賀玄暉(旭化成)が初優勝した。決勝で竪山将(パーク24)から延長の末、合わせ技で一本を奪った。

男子60キロ級決勝 竪山将(下)から技ありを奪う古賀玄暉(4日、福岡国際センター)=代表撮影・共同

73キロ級は66キロ級で4度優勝の海老沼匡(パーク24)が初制覇。81キロ級は佐々木健志(ALSOK)が決勝で藤原崇太郎(旭化成)に腕ひしぎ十字固めで一本勝ちし、2018年以来2度目の頂点に立った。100キロ超級は佐藤和哉(日本製鉄)、100キロ級は飯田健太郎(旭化成)、90キロ級は増山香補(パーク24)、66キロ級は田中龍馬(筑波大)がいずれも初優勝。

終了後の全日本柔道連盟強化委員会で、66キロ級世界王者の丸山城志郎(ミキハウス)や古賀ら9人の世界選手権代表と混合団体メンバーを選出。女子は3日に決定している。東京五輪代表は入らなかった。

大会に五輪代表は出場していない。昨年は新型コロナウイルス禍で秋の講道館杯全日本体重別選手権と兼ねて実施され、今大会は感染対策として無観客開催だった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン