/

羽生・宇野・紀平ら代表に選出 フィギュア世界選手権

日本スケート連盟は27日、フィギュアの世界選手権(来年3月・ストックホルム)代表を発表し、男子の羽生結弦(ANA)宇野昌磨(トヨタ自動車)や女子の紀平梨花(トヨタ自動車)らが名を連ねた。2022年北京冬季五輪の出場枠が懸かる。

世界選手権代表に決定した(左から)宮原知子、鍵山優真、坂本花織、宇野昌磨、紀平梨花、羽生結弦、アイスダンスの小松原美里、小松原尊組(27日、長野市ビッグハット)=代表撮影・共同

男女は各3人で全日本選手権優勝者が自動的に決まり、残りを全日本の2、3位、全日本終了時の世界ランキング上位3人などを満たした選手から選考した。ペアとアイスダンスは各1組。

代表は次の通り。

男子 羽生、宇野、鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)▽女子 紀平、坂本花織(シスメックス)宮原知子(関大)▽ペア 三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)▽アイスダンス 小松原美里、小松原尊組(倉敷FSC)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン