/

国枝5年ぶりV、上地組が女子複制覇 全米テニス車いす

【ニューヨーク=共同】テニスの全米オープン車いすの部は13日、ニューヨークで行われ、男子シングルス決勝で第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)が3連覇を目指したアルフィー・ヒューエット(英国)を6-3、3-6、7-6で下し、5年ぶり7度目の優勝を果たした。

車いすの部、男子シングルスで5年ぶり7度目の優勝を果たした国枝慎吾(13日、ニューヨーク)=ゲッティ共同

女子ダブルス決勝は上地結衣(三井住友銀行)、ジョーダン・ホワイリー(英国)組がディーデ・デフロートらのオランダのペアに6-3、6-3で勝った。上地はデフロートと組んだ2018年大会以来、2年ぶり3度目の優勝となった。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン