/

サッカーACL、神戸は準決勝敗退 延長PKで失点

サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は13日、ドーハで準決勝が行われ、初出場の神戸は蔚山(韓国)と対戦し、1-1で入った延長後半終了間際にPKで失点して1-2で敗れ、決勝進出はならなかった。

延長戦の末、蔚山に競り負け、ピッチに倒れ悔しがるGK前川(左下)ら神戸イレブン(13日、ドーハ)=ロイター

神戸は後半開始早々にCKから山口が先制ゴール。その後に佐々木の得点がビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によって認められず、同35分すぎに同点ゴールを許した。

19日の決勝は蔚山―ペルセポリス(イラン)の顔合わせとなった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン