/

小平が女子500で2位、3季ぶり3度目総合V スピードW杯

【ヘーレンフェイン(オランダ)=共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)最終戦最終日は8日、オランダのヘーレンフェインで行われ、女子500メートルで小平奈緒(相沢病院)は37秒19の2位となり、3季ぶり3度目となる種目別総合優勝を果たした。

女子500メートルで2位になった小平奈緒。3季ぶり3度目となる種目別総合優勝を決めた(8日、ヘーレンフェイン)=共同

アンゲリナ・ゴリコワ(ロシア)が37秒02で制し、郷亜里砂(イヨテツク)は6位だった。

女子1500メートルの高木美帆(日体大助手)は1分53秒27で2位だった。イレイン・ブスト(オランダ)が1分53秒10で優勝。男子1500メートルの小田卓朗(開発計画研究所)は9位だった。

男子500メートルは新浜立也(高崎健康福祉大職)村上右磨(高堂建設)ら、女子マススタートは高木菜那(日本電産サンキョー)佐藤綾乃(ANA)が滑る。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン