/

サッカー日本代表、軽めの練習 6月3日ジャマイカ戦へ向け

サッカー日本代表は30日、千葉市内で軽めに練習し、ジャマイカとの国際親善試合(6月3日・札幌ドーム)に備えた。リラックスした雰囲気のミニゲームでは選手から笑みも漏れた。左膝に違和感のあった堂安(ビーレフェルト)が合流し、右膝痛の冨安(ボローニャ)と疲労が残る伊東(ゲンク)は別メニューで調整した。

次戦に向け、軽めの練習で汗を流す(手前左から)遠藤航、GK川島ら(30日、千葉市内)=共同

31日からはJリーグでプレーする国内組が加わり、吉田(サンプドリア)らオーバーエージ(OA)枠を含む東京五輪世代はU-24(24歳以下)日本代表で活動するためチームを離れる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン