/

競泳・池江「きつかったが楽しめた」 復帰後最多1日6レース

白血病から復活し、東京五輪代表に決まった競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)が9日、千葉県国際総合水泳場で開かれた短水路(25メートルプール)の競技会で3種目に出場した。予選と決勝合わせ、1日に計6レースを泳ぐのは復帰後最多。マネジメント事務所を通じ「6レース泳ぐのは久しぶりで体はきつかったけど、楽しめた」とコメントした。

決勝は50メートル自由形を25秒02、50メートルバタフライを25秒76で泳ぎ、ともに1位。50メートル背泳ぎは27秒97で2位だった。今大会は強化の一環で「練習は順調に積めている」という。ターン後のドルフィンキックやスタートなど課題を改めて感じたと明かし「今後さらに練習していきたい」と語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン