/

女子走り幅跳び、兎沢が優勝 パラ陸上日本選手権

パラ陸上の日本選手権最終日は21日、東京・駒沢陸上競技場で行われ、女子走り幅跳びの義足T63クラスは東京パラリンピック代表に内定している兎沢朋美(日体大)が追い風参考で4メートル52を跳び制した。

女子走り幅跳び(義足T63) 追い風を受け、4メートル52で優勝した兎沢朋美(21日、駒沢陸上競技場)=共同

男子走り幅跳びの義足T63クラスは山本篤(新日本住設)が5メートル88で優勝し、視覚障害T13クラスでは福永凌太(中京大ク)が6メートル59の日本新記録をマーク。同1500メートル(車いすT52)は世界記録保持者の佐藤友祈(モリサワ)が3分48秒09で走った。

東京パラ出場に向けた記録更新を後押しするため、今大会は従来の秋から前倒しして実施。だが強い風雨に見舞われたこともあり、多くの選手の記録は伸び悩んだ。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン