/

ボクシング村田、次戦は来年3月ごろ 帝拳ジム会長が明かす

【ラスベガス(米ネバダ州)=共同】世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者で昨年12月を最後に試合から遠ざかっている村田諒太(帝拳)の次戦は来年3月ごろになる見通しだと10月31日、帝拳ジムの本田明彦会長が明かした。米ネバダ州ラスベガスで取材に応じた。

現在は練習相手がいないため本格的な実戦練習が難しい状況で、今後は海外からパートナーを呼び寄せるという。井上尚弥(大橋)の世界戦勝利には「最高の勝ち方。あそこで決めるところがすごい」とたたえた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン